相続を行って資産を受け継ぎたいなら弁護士を雇おう

遺言書の作成>

話し合い

遺産相続では様々な手続きが必要となります。
故人が遺書を残している場合にはその遺書に従って遺産相続が行われます。
遺書は弁護士に依頼したり、公証人に依頼して作成します。
遺書がない場合には相続人が相談をして合意を形成する必要があります。
合意をしたらその内容を遺産分割協議書として文書化します。
金融資産は比較的簡単に分配できますが、株式や債券は名義変更が必要です。
不動産は登記が必要ですから、登記に必要な書類を集めて移転登記をしなければなりません。
特に故人の戸籍関係の書類を集めるのは面倒な手続きが必要です。
税金としては相続税の支払いが必要かどうかを計算します。
不動産の移転においては登録税の納付が必要です。

最近のトレンドとして故人が亡くなる前に将来のもめ事を避けるために弁護士や公証人役場に届け出て遺言を残すようになって来ています。
金融機関でも遺言信託の教宣を行っており、これを使う人の数も増加しています。
一方では、老人の金融資産を子や孫に移転しやすくするために贈与の非課税枠を拡大して資金移転を促す政策が実施されています。
今後は三大都市圏を中心に土地価格の上昇が見込まれる一方、相続税の増税もあり、弁護士や専門サービスに相談をして遺産相続問題に取り組む人が増えるものと思われます。
子や孫に金融資産を移転するほか、アパートやマンションを建設して、土地価格の上昇を事業用資産とすることで吸収する動きを活発化すると思われます。